fc2ブログ

八丈島遠征

先日の連休に八丈島に行ってきました。

狙いは泳がせカンパチ釣り。

沖にある台風26号の影響が出る前に帰る予定だったのですが台風の接近が予想より早く、初日から波、風が高めで沖の本来のポイントへは入れず風裏の浅場に変更。

船長は「冷水域が入ってきて海面の表面温度で20度ちょっとしかないので浅場の方が喰うよ。」と言ってたが、どちらにしてもあまり良い状況じゃない模様。

餌のムロアジは売るほど釣れるので餌の確保は簡単だったが結果的にはムロアジ釣りに行ったようなものでした。

一応初日は

131013-1.jpg
オナガザメ(100キロ位)

131013-2.jpg
カンパチ

こんなのが釣れたものの2日目はノーヒット早上がり。

おまけに翌日は飛行機が空港に着陸できずに欠航となり1日延泊して帰ってきました。


庄治郎丸メジ・カツオ

4日の日曜に庄治郎丸今シーズン初のカツオ船に。

日曜に庄治郎丸に行くことはめったにないが釣り親父からのお誘いで人数限定出船だったので行ってきました。

当日は100人近いルアーの大会で庄治郎丸は貸切だったが舳先の手すりが低くルアー釣りには向かない21号が余ったので人数限定出船となった模様。

通常はソナーの付いた3号船だがソナーの無い21号ではどうなることか心配だったが、さすがにベテランのヒカル船長、見立てと魚探でなんとか釣らせてくれた。

船中初アタリは自分だったが小型カツオが取り込み直前スッポ抜け。

その後釣り親父に当日唯一となったキメジがヒットし無事に確保。

080401.jpg

10時頃まではカツオが船中たまに1本ずつ釣れるだけの状態で自分はボウズだったが後半カツオの群れに遭遇でき2.7~3.3キロのカツオを4本捕獲できた。

同じ重さならワラサの3倍くらいの引き込み。やはりカツオの暴力的な引きは楽しいね。

葉山でアオリイカ釣り

月曜に葉山の五エム丸のアオリイカ船に行ってきた。

ここにきてアオリイカも終盤戦で数より型狙い。

五エム丸のアオリ船は今月3回目だが前々回は釣り始めと終了間際にキロ未満を2杯、前回はお触りすらないパーフェクト坊主。

前日、前々日と大型が数釣れているので期待して行ったがアオリ船は関小鳥で釣り客自分を入れて3名のみ。


舳が埋まってたので自分は左の艫に陣取り。

港前から始めて御用邸~亀城方面とポイント移動するも船中アタリ無し。


10時頃に左前の常連にアタリがあったが弁慶クラスのマルイカ。

今まで単独で船を流していた船長も流石にあせってきたのか茅ヶ崎や腰越の船がいる七里ガ浜沖にプチ遠征。

無線では他の船は少ないながらもポツポツ釣れてる模様。

最近のアタリ餌木は金テープの茶色系だがあまりの釣れなさ加減に10個以上の餌木を取っ替えひっ替え。

今までの経験上、餌木を沢山使う時はろくな事が無い。


11時頃に支持棚の11メーターから1メーター落としてみたら根掛り、

竿で強めにあおったら少し浮き上がった様な感覚、

全然引かないし異常に重いので蛸が引っかかったのかもとゆっくり巻き上げてたら船長が玉網もってきて待機、

中錘が見え始めたら突然ガンガン引き始め墨で真っ黒になった海面から巨大なアオリイカの姿が見えてびっくり。

自己記録更新の2,4キロ。

アオリイカ2.4キロ

このアオリイカが乗った餌木がこれ

墨族

ハリミツの墨族3.5号。

これで今シーズンのアオリイカ釣りは有終の美を飾れました。



GWマダイ釣り

GW最初の3連休の最終日に松輪江奈港瀬戸丸マダイ船に乗船。

前日は各船片舷12~3人ずつの超満員で釣りにならなかったらしいが出船時には総勢17人になり左舷は9人、自分は左舷舳だったので船の乗り台の上の最先端に。

130429-3.jpg


波があったら大変だがベタ凪なので助かった。

開始早々、右舷舳と自分の隣でキロ弱の本命が上がり取り残された感じで少しあせったが間もなく自分にも1.2キロのマダイが釣れ一安心。

船中何枚かキロ前後のマダイが釣れたがその後潮流が止まりアタリが遠のき始めた、最近の傾向で朝だけアタリ頻繁でその後はパッタリの状態に突入。

130429-1.jpg


イナダやメジナの外道も釣れず餌捕りもほとんど無し。

周りの船も釣れてない様子。

反応はあるみたいだが喰わない。

ハリスを10メーターから14メーターに変えたがアタリ無し。

こんな状態を克服する最終兵器の永井リグ仕掛けを船上で作っていたら置き竿にアタリ。

1枚目より少しサイズアップして1.6キロ。

2枚目が釣れたのでそのままの仕掛けでやろうかと思ったがせっかく仕掛けを作ったのでとりあえずハリス12メーターの永井リグを投入し艫の釣り人数人が当たり棚や仕掛け長を聞きに来たので話をしてたら置き竿にしてた自分の竿がズドンと入った。

上げ始めても弱らないので途中イナワラかと思ったが上がってきたら3.7キロのサイズの本命。

久しぶりの3キロオーバー。

その後左舷胴の間で4キロ弱、艫寄りで4.5キロと大型連発で終了。

130429-2.jpg
本日の釣果。(マダイ3枚、1.2~3.7キロ)

松輪でマダイ仕立て

間口港の利一丸マダイ仕立て船、釣友の松ちゃんからお誘いがあり、昨日行ってきました。

松輪のマダイもノッコミシーズンに突入し大型マダイも釣れ始め、日によってムラはあるもののトップはツ抜けする事も。

今週初めの日曜には12キロの超大型もあがっているので期待しつつ出船。

4人の仕立てなので全員が4隅での大名釣り。

130404-2.jpg
自分は右舷舳で松ちゃんがトモ、左舷は舳が名人Tさんでトモは弁護士のIさん。

開始そうそうに幹事の松ちゃんにキロ弱の船中1枚目。

その後Tさんに同型が釣れ直後にIさんにも1.4キロの良型マダイ。

潮流が右前から左後向きなので不利な釣り座の自分だけ取り残されて少しあせったが船中4枚目は自分にアタリ、少し黒っぽい1.1キロのマダイが釣れ、開始1時間で全員確保。

船長も安心したのか操舵室から出てきて写真撮影。
130404-1.jpg

その後は自分がコマセを撒くとトモの松ちゃんにイナダが釣れる展開。

周りの船もあまり釣れてない様子。

130404-4.jpg

仕掛けを長くしたり重くしたり軽くしたりといろいろと試したがアタリ無し。

トモのIさんに2枚目が釣れたが後はアタリがあってもイナダばかり。
130404-3.jpg
松ちゃんはマダイ連敗続きだったので1ヶ月ぶりの本命ゲットでこの笑顔。

松ちゃんがラバージグで遊んでたら多分青物らしき大物がヒットしたが全然リールが巻けず針を伸ばされてバラシ。
乗合船ではいつも右舷舳に陣取る松ちゃんが今日はトモに入ったのはこれがやりたかったんだと納得。

こんな事が出来るのも仕立て船の良い所。

置き竿にしてみんなで話しこんでたら自分の竿がスコンと入って0.8キロの2枚目。

昼前に潮流が逆に流れ始めチャンス到来かと思ったら風も北から南に変わりまた潮上に。

その後は当たってもイナダばかりで終了となりました。

130404-5.jpg
本日の釣果。